「韓流4.0時代」・・・グローバル韓流スターの未来は | イ・ミンホ 記事

category: イ・ミンホ   Tags: イ・ミンホ  

5日も前の記事ですが、ちまちま訳していたらこんなに時間がかかって
しまいました ^^


+++++++


「韓流4.0時代」・・・グローバル韓流スターの未来は
ネタ元(韓国語サイト)=デイリー韓国 | 2014.9.27 16:14



20141002-0001.jpg
 
 
 
[ チェ・ジェウク記者 ]

〔週刊韓国 創刊50周年企画特集 〕

・「神秘主義」 を脱ぎ捨てて、ファンと双方向交流
・長期的プランを立てた後ファンとコミュニケーション
・中国市場の攻略には現地化戦略が必須
・海外ファンツアーに回ってスキンシップすべき
・金儲けだけというイメージは共倒れ

イ・ミンホ、キム・スヒョン、パク・ヘジン、チャン・グンソクなど、新興韓流四天王と
呼ばれる韓流スターたちが、アップグレードした海外マーケティングで、全世界
的な人気を集めている。

過去、先輩韓流スターたちは、数年に1回ずつ1度限りのファンミーティングを
行う以外には、海外ファンたちのための配慮が不足していた。
そのせいで、作品1つで得た人気で海外ファンたちを利用して、金儲けをしている
という不満も出た。

しかし、新興韓流スターたちは、「神秘主義」 を脱ぎ捨て、体系的なマーケティング
プランと、積極的なコミュニケーション方式で、より多くの愛を受けている。

現地の作品やバラエティ放送に積極的に出演したり、SNSを介してファンたちと
直接コミュニケーションしたり、様々なイシューに関心を見せるなど、遠くから
来た海外スターではなく、自国内のスターのように、親しみやすい「グローバル
スター」 として位置づけられ、人気を集めている。
だとすれば、グローバル韓流時代を迎えるスターたちの、正しい姿勢は何だろうか?



#地道な投資と長期的プラン

新韓流スターたちが、現在アジア圏を越え、全世界的な人気を博しているのは、
地道な時間とエネルギーの投資が、土台になった。
大部分が短期的な利益と現在のイメージに安住せず、長期的なプランを立てた後
海外ファンたちと随時交流しながら、新密度を高めている。
このような状況で、決定的なコンテンツ、つまり作品を出せば、爆発的な
相乗効果を収めることになる。

最近最も「ホット」 な人気者であるイ・ミンホが、その代表的な事例だ。
多くの人々は、イ・ミンホが最近中華圏で爆発的な人気を集めて、アンディ・ラウの
広告出演料に肉薄するほどの地位に登り詰めた理由を、単純に出演作『相続者たち』
の人気のお陰だと見ている。しかし、イ・ミンホが最近大きな実を結んでいるのは、
2009年『花より男子』 以後、地道に海外ツアーに回り、現地のファンたちと
スキンシップをとってきたからだというのが、韓流関係者たちの評価だ。

イ・ミンホの所属社Starhaus関係者は、「あの当時は、高速道路を作り始めたと
見ればいい。短期的な利益より、未来を見越したツアーだった。中国と日本だけ
ではなく、東南アジア圏の国に一つ一つ通いながら、ファンたちとスキンシップを
とってファン層を整えた後、『相続者たち』 という最高のコンテンツに出会った
から、やっと実を味わうことになった」 と語った。

SNSの力も大きかった。イ・ミンホは、2010年からTwitterとFacebookを介して
ファンたちと交流してきた。2011年に開設したWeiboは、会員数が2000万人を
越えるほど、絶大な人気を集めている。
ファンたちとの交流を通して、慈善活動に参加することで、韓流スターは金儲け
しに行くというイメージも払拭した。

所属社の関係者は、「SNSを通して、中国だけでなくアメリカ、南米、アフリカ
のファンたちも増えている。海外ファンたちが単純にファンであるだけに留まらず、
イ・ミンホの名前で寄付や善行をしていて、更に良いイメージを積み重ねている。
チリではファンクラブが、山火事が発生して焼け野原になったパタゴニア地域に
『イ・ミンホの森』 を造成したりもした」 と伝えた。



#外国人スターではなく、グローバルスター

韓流スターたちが現在最高の韓流市場に数える中国市場を攻略するために最も
必要な部分は、現地化だ。社会主義体制であるという特殊な状況と、根深い
「中華思想」 が、底辺に敷かれている状況で、相互補完的な関係の成立が、
切実に要求されている。現地の韓流関係者たちは、一方的な拘泥が持続され、
相互交流が活発にならないと中国内の韓流に赤信号が灯りかねないと警告
している。
市場の状況に関係なく当局で制裁をすれば、韓流スターたちの活動が、一時に
停止されるかもしれないというのが、現在の中国の現実だ。

最近中国と韓国を行き来しながら活発に活動中のパク・ヘジンが、模範解答として
浮上している。
パク・ヘジンは、韓国作品にだけ出ている他の韓流スターたちとは異なり、中国
ドラマに地道に出演して、両国で主導的な人気を博している。

2011年『チェンドドの結婚記』 をはじめとして『もうひとつのきらびやかな人生』
など、毎年1本以上の中国ドラマに出演し、高い株価を走っている。このように
グローバルな人気で、今や国内の活動に安住できる状況だが、中国活動の比重を
減らさないでいる。
来年も、既に出演が決定した中国ドラマがある。

所属社ダブルユーエムカンパニーのファン・ジソン代表は、「中国市場に進出する
時、パク・ヘジンを普通の『韓流スター』 ではなく、『俳優』 として位置づけられる
ことに重点を置いた。中国に金儲けに行くという近視眼的なアプローチより、
良い作品で俳優として認められるために努力をした。だから、活動序盤から、広告
撮影を自制し、イベントの参加も、最小限にした。そのように努力する姿が、
好意的に認められたようだ」 と成功の秘訣を語った。


女優ソン・ヘギョも、積極的な現地化戦略で、中国内で着実な愛を受け、更に
グローバルなスターとして浮上している。多くの人々はソン・ヘギョが出演した
ウォン・カーウァイ監督の『グランド・マスター』 が公開された時、出演の量について
残念さを吐露した。ソン・ヘギョが国内活動を休んで、2年以上もこの映画に
オールインしたからだ。

ある韓流関係者は、「2年以上もソン・ヘギョが現地スタッフたちともまれながら
息を合わせた点は、国際的に活動することであり、長期的にプラス要因になった。
そんな真摯な努力のお陰で、中国内の更に多くの制作社と監督たちの間で、ソン・
ヘギョの株価が、一層高くなっている」と語った。

ソン・ヘギョは、『グランド・マスター』 以後、国内ドラマと映画に出演しながら、
ジョン・ウー監督の『クロッシング』、伊能静監督の『私は女王だ』 にも相次いで
出演し、中国内の地位が一層高まった。

文化評論家イ・ジュハさんは、「最近、中華圏で活動中の韓流スターたちは、先輩
たちよりもう少し体系的な基盤で活動をしている。しかし、まだ一方的な関係で
ある部分が多く、バラ色の未来を見るのは難しい。中国市場は、決して甘いところ
ではない。金儲けだけしようと思ったら、韓流全体に危機をもたらすかもしれない。
最近、中国のメディアでは、韓流スターたちの過度なCF出演について、批判
記事が出続けている。長期的な視野でアプローチすれば、お互いに、ウィン
ウィン(win-win) の効果を得ることができるだろう」 と語った。



+++++++


こうやって「戦略」なんて書かれちゃうと、ちょっと打算的な印象に
なっちゃうけど・・・
ミノくんは本当にファンを大切にするから、それがファンのみんなにも
伝わるんですよね~

きっと、ミノくんは、これからも変わらずそんなミノくんでいてくれますよね

ブログランキング・にほんブログ村へ

イ・ミンホ/Lee MinHo/이민호/李敏鎬/イミンホ/イ・ミノ/イミノ/CITY HUNTER/シティハンター/花より男子/個人の趣向/
シンイ/信義/神医/相続者たち

気に入っていただけたら拍手をお願いします。
 ↓ 励みになります

 
関連記事
テーマ : 韓国俳優    ジャンル : アイドル・芸能
2014_10_02

Comments


※pass は任意ですが、決めておくとコメントの編集や削除ができます
※コメントは承認後に表示されます



ごあいさつ


ご訪問ありがとうございます

韓国人俳優 イ・ミンホ くんの
ファンブログです
マイペースで更新していますので
気軽にお付き合いください

 コメントについて
(初めての方はお読みください)

全記事を一覧で表示する

[ミノペン用語の基礎知識]
イ・ミンホ? イ・ミノ?
イ・ミンホって2人いる?

アメブロも時々更新中~
「AppleTeaのゆるゆる韓ドラ生活」
http://ameblo.jp/whiteappleflowers/

プロフィール


チェ・ヨンくん

Apple Tea
2004年頃から韓国ドラマに
ハマり中~♪♪



検索フォーム

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
220位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
韓流スター
47位
アクセスランキングを見る>>

オススメ








QRコード

QR




page
top