イ・ミンホ、シティーハンターで失ったもの?(インタビュー) | 記事


またまた古い話ですが、韓国でシティーハンターの放送が終了した直後の
インタビュー記事を発掘してきました (*^^*)♪


+++++++


イ・ミンホ、「『シティーハンター』で失ったもの?満身創痍の身体」
(インタビュー①)

ネタ元(韓国語サイト)=マイデイリー | 2011.8.10 7:00



city20110810-0001.jpg

 
[ カン・ソネ記者 ]

俳優イ・ミンホ(24)の名前の前には、『花男』という修飾語がつく。
2009年にシンドローム的なブームを巻き起こしたドラマ『花より男子』のク・
ジュンピョ役でスター隊列に上がったので、彼に『花男』という修飾語は、
ひょっとすると一生ついて回るかもしれないものだ。

『花男』という言葉には、「ハンサムだ」という良い意味が込められているが、
演技よりもルックスを、より浮かび上がらせるという短所がある。
カン・ドンウォンとウォンビンが過度に整ったルックスのため、演技力について
の評価が遅れてなされたように、イ・ミンホにとっての『花男』という修飾語も、
ただ喜ばしいだけの表現ではない。

しかしイ・ミンホは、運が良い方だ。
『花男』で注目されてからわずか2年で、「俳優」としての地位をしっかり固め
られる作品に出会った。
最近終映したSBSドラマ『シティーハンター』(脚本 ファン・ウンギョン、チェ・
スジン/演出 チン・ヒョク)で、主人公イ・ユンソンを演じたイ・ミンホは、
メロドラマのハンサムな男性主人公ではない、孤独な眼差しを抱えてアクション
を繰り広げ、男性味の強い演技も可能だということを見せてくれた。

しかも20%に迫る視聴率を記録し、視聴者に愛されたので、『シティーハンター』
が、彼の演技人生の転換点になるに十分なのは間違いない。

「既存の男性ワントップジャンルものは、普通30代の俳優が演じて、ずっしり
として重い感じですが、それを僕のような20代の俳優がやれば、新しい感じの
ドラマが出来るのではないかという期待が大きかったです。重いだけにせず、
明るく愉快なジャンルにすることができるということを十分にお見せできると
思いました」


『シティーハンター』は企画段階から早々にイ・ミンホを男性主人公にキャス
ティングした後、残りを進めた。そのためイ・ミンホは、早くからアクションを
はじめ、イ・ユンソンになりきるための準備に万全を期した。

「アクションの準備は、大体3~4か月ほどしました。最初から、既存のドラマで
やってきた大きな拳を飛ばすアクションよりは、短くて簡潔で、線がスッキリして
いて速いアクションを探していたので、そんなイ・ユンソンのアクションが生まれ
ました。それが、僕によく合っていたようで、だからその武術に愛着があります。
アクション演技ですか? とても大変でした。放送6回からほぼ生放送で撮影が
行われたのですが、残り14話分に全てアクションがありました。1週間で難しい
シーンを含めて2話ずつ撮らなければならないのですが、殺陣を合わせる時間が
なくて2~3日徹夜をして撮影したりもしました。だから大変でしたね」


このような努力で誕生した『シティーハンター』のアクションシーンは、大きな
話題を集めた。イ・ミンホが披露したアクションは「スプーンアクション」、「ミラー
アクション」、「廃車場アクション」などと呼ばれ、視聴者の好評を引き出した。
華やかなスポットライトを受けたアクションシーンの陰には、イ・ミンホの
度重なる負傷が隠されていた。制作陣から「脱がせておくと傷だらけ」という
言葉を聞くほど、小さな傷が多かったが、イ・ミンホは「どこが折れたとかいう
大きな負傷でなくてよかったです」
と言って笑い飛ばした。


city20110810-0002.jpg

愉快な性格のイ・ミンホは、アクションも大変だったが、骨の髄から孤独な
『シティーハンター』の内面演技をすることにも難しさを感じた。少しでもイ・
ユンソンに近づくため、普段自分の明るい姿を抑えておかなければならず、
疲れを感じざるを得なかった。

「どのシーンでも、それこそ明るく笑うシーンでも、一人でいる時の寂しさを
忘れないようにしました。彼女もいなくて、家に一人でいて、全てのことが
無意味に感じられる時、そんな風に一人でいる時の寂しさを考えるように
しました。
『シティーハンター』で得たものと失ったものですか? そうですね・・・。
得たものは、既存の僕のイメージよりは少し俳優に近づいて、多くの
可能性を見せられる作品になったようだということで、反対に失ったものは、
満身創痍になった体? 身体的なものもありますが、精神的にも僕自身を
とても疲れさせる作品です。ストレスもいつよりも多く受けましたし、元々
敏感な方でもないんですが敏感になったりもしました。精神的にも肉体的
にもとても大変だった作品です」


心身が「満身創痍」になるほど大変だったが、イ・ミンホは『シティーハンター』
シーズン2に対する考えは肯定的だ。何よりチン・ヒョクPDに対する信頼が
強く、イ・ユンソンに対する愛着が大きいからだ。

「チン・ヒョク監督と仕事をして、「こういうのがよく合うということなんだな」
という感じを初めて受けました。台本を見て僕が考えることを分析して伝えると、
監督も同じ考えで。「ここを直さないと」と言おうとすると、監督が先にそれを
直そうとしていたり。そんな風に考えが通じることが多かったです。6回から
急いで撮りましたが、作品が愛されたのは監督の役割が大きいです。
『シティーハンター』シーズン2ですか? こんな監督とご一緒して、シーズン1
と違う姿、時間が流れて新しいイ・ユンソンを表現することが多ければ、
シーズン2も出来るかもしれません。
既存のイ・ユンソンと同じ感じの延長線はできませんが、新しい感じを
表現することができて、その中にキャラクターのドラマ的な感情が生きて
いれば、シーズン2もできるでしょう」


イ・ミンホも自身が「花男」(=イケメン)と呼ばれ、それがどんなイメージなのか、
よくわかっている。『シティーハンター』を通して、演技の幅を広め、俳優としての
可能性も認められたイ・ミンホは、依然、「花男」よりも「俳優」というタイトル
を渇望している。

「「俳優」イ・ミンホと呼ばれるようになったら嬉しいです。今はまだ、俳優という
イメージよりは「花男」、「パンチャクスター(=一発屋)」そんなイメージが
大きいようです。「パンチャクスター」ではなく俳優として成熟した姿で認め
られたいです」


→ インタビュー②に続く

[写真=Starhaus Entertainment ]


city20110810-0003.jpg


+++++++


イ・ミンホ、「全力で恋愛したい」(インタビュー②)
ネタ元(韓国語サイト)=マイデイリー | 2011.8.10 7:00



city20110810-0004.jpg


[ カン・ソネ記者 ]

『シティーハンター』が終わったが、イ・ミンホはちゃんとした休暇は取れないで
いる。これまでドラマを撮影するために先延ばしになっていた広告撮影などの
スケジュールを消化して、いまだに忙しく過ごしているからだ。

それなのに、『シティーハンター』のイ・ユンソンは、まだ離せなかった。どうやら
イ・ユンソンとの別れは、もう少し時間がかかりそうだ。

「ドラマの終映後にも、ずっと仕事があって休めなかったんです。でも、睡眠は
よく取れるということに満足しています。ドラマが開かれた結末で終わったので、
まだその感じをそのまま持っていて、寂しさがよくわかりません。何日か前に
広告撮影をしたのですが、笑うのがぎこちなかったです。ドラマ後半に笑うシーン
があまりなかったので、その気分を今も抱えているようです。作品に最善を尽くして
後悔はないですが、身軽になったけど気まずい、何かそんな心残りが多く残って
います」


イ・ミンホは去る6月、『シティーハンター』の撮影中、乗っていた車両が半壊する
交通事故に遭った。幸い大きな外傷がなく、撮影現場に復帰した後、ドラマ終映
まで無事に終えたが、事故前から持病だった腰の痛みは、さらに悪くなった。彼は、
これ以上ファンたちが心配しないよう、この機会にきちんと腰の治療を受ける
つもりだ。

「腰が歪んでいるのかちょっと痛いです。だから矯正を受けに行くつもりです。
元々腰が良くなかったんですが、事故の後遺症が今少しずつ出てきたようです。
だからと言って、大きく痛むとかそんなことはないので、ファンの方々が心配
しなくても大丈夫です」


腰の治療以外に、彼が休暇の間またしたいことは、人にたくさん会うことだ。
男性でも女性でも、性別は重要ではない。様々な人々に会って、彼らを通して、
人生経験をして、それを自身の演技の基礎にすることを望んでいる。

「僕が演技者として発展するためには、女性でも男性でも人にたくさん会うべき
だと思います。そうすることで「ああいう人はああいう魅力があるね」と言って
僕が吸収することができるのに、ほぼ3年間、そんな出会いがなかったんです。
これからは出会いをたくさん持とうと努力して、そして、恋愛をすることになったら、
全力で恋愛をしようと思います。ただ、秘密でです」


現在彼女がいないので、もしできたら秘密恋愛をするというイ・ミンホ。それなら、
彼の理想形はそんなタイプだろうか。『シティーハンター』の3人の女性キャラクター、
キム・ナナ(パク・ミニョン)、チェ・ダヘ(ク・ハラ)、チン・セヒ(ファン・ソニ)は、全て彼の
理想形とかけ離れている。三人をうまく合わせると理想形だなんて、イ・ミンホの
目は高い方のようだ。


city20110810-0005.jpg


「精神的にちょっと成熟した女性に惹かれるようです。外見を見る時は愛嬌が
あるのが好きですが、内面は成熟して男性に対して、よく合わせてくれて、
時には愛嬌を振りまくこともある、そんな女性に惹かれます。
『シティーハンター』のキム・ナナとチェ・ダヘですか? 二人とも違います。ナナは、
何も知らないし、ダヘは考えがないし。キャラクターだけ見たら、二人とも僕の
理想形ではないです。それでも、セヒのキャラクターが理想形に近いですが、
面白みがないし。ダヘのような溌剌とした魅力の中に、セヒのような成熟した
ものがあれば好きだと思います。これじゃあ、僕の目が高いですか?ハハハ」


ドラマの外のイ・ミンホの実際の姿は、いつもファンたちの関心事だ。別に、
神秘主義を固守するわけではないが、イ・ミンホの私的な部分については、
知られていることは多くない。イ・ミンホは自分を「平凡だ」と定義付けた。

「僕は普段、至極平凡に過ごしています。夜に犬を連れて散歩するし、漢江で
自転車にも乗ります。これといった趣味もありません。面白い趣味生活を
見つけようと、ギターも習ってみたり、ゴルフも打ってみましたが、まだ
「これだ!」と思うものがありません。冬にスキーをすること以外はです。
だから、生活が少し退屈です」


趣味生活は特にないが、次の作品を始める前までイ・ミンホは忙しい
ようだ。先に言ったように、腰の治療を並行しながら人々に会って人生
経験を積まなければならず、更に言語の勉強に歌の練習までしなければ
ならない。そんな風にに落ち着いて次の準備をしながら、自己発展に力を注ぐ
計画だ。

「スケジュールが終わって時間が余れば、色々と準備をしようと思います。
言語的なものから準備しなければならないと思います。特に英語からです。
英語が7歳レベルなんです。また海外のファンの方たちとコミュニケーション
するなら、歌も準備しなければなりません。歌ですか?あまりうまく歌え
ません。そんな準備をするのが未来のために良いと思います」


イ・ミンホが英語と歌の実力を積まなくてはと考えるようになった契機は、
ファンとのコミュニケーションのためだ。『シティーハンター』を撮影して再び
ファンたちの愛を感じたというイ・ミンホは、それに応える方法は、自分が
もう少し発展すること以外にないことをよくわかっている。

「今回の作品を通しても感じましたが、僕を愛して下さるファンは、本当に
僕のことを自分のことのように感じています。僕がある状況に追い込まれ
ると、積極的に家族のように立ち上がる姿を見ながら「この方たちが
いなかったら、僕が演技をすることに意味がないな」と思いました。
国内のファンたちもありがたいし、海外から直接来て応援して下さる多くの
ファンたちもありがたいし。それに応える意味で、直接伺ってファン
ミーティングをするのが、僕にできる最善の努力だと思います。だから
今後、そんな姿で訪ねる予定です」


[写真=Starhaus Entertainment]



city20110810-0006.jpg


+++++++


こうして過去の記事を少しずつ見ていくと、着実に一歩一歩、
ステップアップしてきたのがわかりますね

これからもどんどんパワーアップしていくんでしょうね~ (*^^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

イ・ミンホ/Lee MinHo/이민호/李敏鎬/イミンホ/イ・ミノ/イミノ/CITY HUNTER/シティハンター/花より男子/個人の趣向/
シンイ/信義/相続者たち/江南1970/江南ブルース/BountyHunters

気に入っていただけたら拍手をお願いします。
 ↓ 励みになります

 
関連記事
テーマ : 韓国俳優    ジャンル : アイドル・芸能
2015_10_04

Comments

今後の成長を楽しみに♪ 

貴重な記事ありがとうございます。
ミノ腰の持病があったのかぁ…(><)
本格的アクションや常に悲しみを抱えた難しい演技…
心も体もハードで大変だったのですね。
ユンソンを演じきったことで、俳優として更に成長しましたね。
これからも一つ一つ役を演じることで、また一歩一歩俳優として磨きをかけ成長し続けるのかなぁ♡
今後のミノを楽しみに♪
TVっ子  URL   2015-10-06 22:14  

 

>TVっ子さん
ミノくんって、何気に足やら腰やら色んな所に故障をかかえてたり
するんですよね~
でも、そんなことを感じさせない全力投球のアクション^^
Bounty Huntersはケガや事故なく撮り終えて欲しいですね!
Apple Tea  URL   2015-10-07 09:21  

※pass は任意ですが、決めておくとコメントの編集や削除ができます
※コメントは承認後に表示されます



ごあいさつ


ご訪問ありがとうございます

韓国人俳優 イ・ミンホ くんの
ファンブログです
マイペースで更新していますので
気軽にお付き合いください

 コメントについて
(初めての方はお読みください)

全記事を一覧で表示する

[ミノペン用語の基礎知識]
イ・ミンホ? イ・ミノ?
イ・ミンホって2人いる?

アメブロも時々更新中~
「AppleTeaのゆるゆる韓ドラ生活」
http://ameblo.jp/whiteappleflowers/

プロフィール


チェ・ヨンくん

Apple Tea
2004年頃から韓国ドラマに
ハマり中~♪♪



検索フォーム

Twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
韓流スター
22位
アクセスランキングを見る>>

オススメ








QRコード

QR




page
top